フィデューシャリー・デューティ宣言

お客さま本位の業務運営に関する基本方針

Fiduciary Duty Declaration

平成30年9月 制定

当グループでは「地域(社会)貢献No.1」というビジョンを通し、お客さま本位の業務運営の品質の向上に取り組んでまいりましたが、2018年9月これらの考え方を取りまとめ『お客様本位の業務運営に関する基本方針』として明文化し、公表いたします。 

『お客さま本位の業務運営に関する基本方針』は、目に見えない商品に携わる者としてお客さまや社会へ責務を果たし続けるお約束としての理念と、これを実践しお客さまに対する経営・営業・業務・社員の品質を向上する具体的な取り組みを定めたものです。

保険商品の相談・販売サービスはその性質自体が既にお客さま本位のサービスである、と認識しております。当グループの提供するこのサービスがお客さまにとって真の利益となるように、営業スタッフによるコンサルティングをはじめ、全従業員が一丸となって業務運営の品質向上に邁進する所存です。お客さまの利益を第一に捉えなくては成り立たないものとして、これまでも質の高いサービス提供を目指してきました。 『お客さま本位の業務運営に関する基本方針』の公表により一層お客さまからの満足のお声をいただけるよう、努力してまいります。

1. お客さま本位の業務運営の徹底
  • 全従業員一人一人がお客さまの視点で行動することで、お客さまの最善の利益を図ることに努めます。
  • お客さまの信頼に応え、すべてのサービスに責任をもって行動いたします。
2.お客様に相応しいサービスの提供
  • お客さまのご意向に合わせた保険商品のサービス提供をし、お客さまの最善の利益を追求してまいります。
  • 「お客さまの声」に真摯に耳を傾け全従業員で共有し、経営・業務運営の品質向上に活かしてまいります。
  • お客さまが安心して契約を継続して頂けるように十分なアフターフォローを行います。
3.重要事項のわかりやすい提供
  • お客さまの加入目的を考慮したうえで、お客さま視点に立った十分でわかりやすい説明をいたします。
  • お客さまに影響のある不利益事項等に関してもわかりやすい説明をいたします。
4.人材教育について
  • 適切な募集管理を行うために、営業部門とは独立した管理部門を設置し教育指導をおこなっております。
  • お客さま本位の行動を全従業員が認識して行動ができるよう社内教育研修を実施いたします。